本日も好日なり Top > ネットで稼ぐ

スペースボーナスのその後

「スペースボーナスについて調べてみたけど・・・」の記事を書いたあとも、スペースボーナスのアフィリエイトは続けている。特に何かをしたわけではないが、契約料は再び 1,000 円/月に上がった。

結局、スペースボーナスと契約したサイトは 1 年間一度も更新しなかったが、年間 1 万円の収益になった。やったことと言えば、1 カ月または 2 カ月に 1 回程度広告のタグを貼りかえたことだけだ。

前回、いろいろと否定的なことも書いたが、特に心配するようなことはないと思うので、今後も契約が打ち切られない限り続けていくことにする。

個人的には、スペースボーナスは特に問題はないという結論に達した。

アフィリエイト活動再開 4

(「アフィリエイト活動再開 3」の続き)

アフィリエイト活動を再開して 1 年が経過。再開したころに、2 ヶ月間で新たに 5 つほどサイトを作成したが、その後はほとんど活動はしていない。

以前からある程度売り上げがあったサイトと、新たに作成したサイトのこの 1 年間の収益は 5 万ほどだった。月数十万稼ぐ本格的なアフィリエイターからすれば大した金額ではないだろうが、作りっぱなしで更新はほとんどゼロという怠け者アフィリエイターにとっては、4,000 円/月という小遣いはけっこうおいしい。

私の主な収入源は以下のとおりである。

スペースボーナス
Google adsense
Amazon
電脳卸
リンクシェア

しかし、いくら年間 5 万円とはいえども、やみくもにサイトを作って、アフィリエイトリンクを貼るだけでは、そう簡単に売れるものではない。私が初めてアフィリエイトを始めたときに参考にしたのはインスタントブログアフィリエイトという情報商材だった。初心者にも懇切丁寧にわかりやすい説明で、即効的なテクニックだけでなく、息長くじっくり稼げるサイトの作り方まで教えてくれる。まったくの初心者で何から手を付けていいのかわからない人から、ある程度稼いでいるけどもっと稼ぎたいという人にまで役立つ有益な情報商材である。Gooda が少ない労力で多少なりとも小遣い稼ぎができているのは、このインスタントブログアフィリエイトのおかげだと思っている。

インスタントブログ・アフィリエイトの詳細はこちら

「アフィリエイト活動再開 1」から読む

<< アフィリエイト活動再開 3 へ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

スペースボーナスについて調べてみたけど・・・

アフィリエイト活動再開 3 で触れたスペースボーナスとの最初の 2 カ月の契約が終わり、引き続き 1 カ月契約で契約とのメールが来た。契約料金は前回の半分の 500 円/月だった。ほとんど何もしていないサイトで 1,000 円/月にもなるというだけでもおいしい話だったので、半分の 500 円になっても別に文句はない。

それで、おいらの仕事関係のメインサイトにもスペースボーナスの広告を貼ってみようかと考えた。いくら弱小サイトとはいえ、ページランキングは 3 だし、映画関係のブログよりははるかにアクセスも多い。少なくとも 1,500 円くらいにはなるんじゃないだろうかと思ったからだ。

そういうことにしようと決めかけたのだが、スペースボーナスについて触れているブログ記事はないかと思い、検索してみた結果、以下のような記事がヒットした。

スペース・ボーナスという怪しげなアフィから掲載依頼が来た
スペース・ボーナスに未練のある人もいるのか…
アフィリエイトの(スペースボーナス)について@Yahoo 知恵袋
アフィリエイト広告料先払いというメール【詐欺?】
スペースボーナス
スペース・ボーナスからのメール
アフィリエイトの広告掲載のサイト@OKWave

私はメールアドレスを公開していたので、メールが来たこと自体は怪しいとは思っていなかったのだが、アドレスを公開していないのにメールが届いたという記事が多かったのには驚いた。被害に遭ったという記事は 1 つもなかったが、100% まっとうなアフィリ業者だとは断言できないことは確かなようだ。

おいらがスペースボーナスに教えた情報は本名と銀行口座だけ。お金を振り込んでもらう上で最低限の情報。ただ、この情報を知ったからといって何かができるわけではないだろう。

広告を貼るとページランキングが下がるとか言っている人もいるので、その真偽は分からないが、メインサイトでの広告掲載は見合わせることにした。

とりあえず、映画関係のブログは向こうから契約解除を言ってこないかぎり広告掲載を続けて様子を見てみよう。

世の中そんなにおいしい話はないってことかな。

続きは「スペースボーナスのその後」

アフィリエイト活動再開 3

(「アフィリエイト活動再開 2」の続き)

もう 1 つ驚くことが起こった。映画関係のブログに「広告を掲載しないか」というオファーがあったのだ。それは、スペースボーナスという新しいタイプのアフィリエイトサービスプロバイダーからのオファーで、クリックされたり、売れたりしなくても、サイトに広告を掲載するだけで報酬がもらえるという。

記事数 40 程度で、更新頻度が数カ月に 1 回くらいのブログに、広告のタグを貼るだけで 1 カ月 1,000 円払ってくれるとは、なんとおいしい話だ。おいらは、さっそく申し込んで広告のタグを貼り付けた。約束どおり、広告掲載料を前払いしてもらった。契約を解除したい旨を伝えないかぎり、自動継続になる。

アフィリエイト活動を再開する前の時点で、仕事関係のサイトとこの映画関係のブログの 2 つで 1 カ月 2,000 円くらいになっていた。金額は少ないが、ほとんど何もせずにこれだけ稼げるってことは、もっと力を入れてがんばれば数万円稼ぐのもそんなに大変じゃないかもしれない。そう思ったのが、アフィリエイト活動を再開したきっかけである。

小額ではあるが収益をあげているおいらの弱小サイトに共通することは、そこそこコンテンツが充実している、テーマを絞った専門的なサイトであるということである。そこで、アフィリエイト活動再開にあたり、次の 2 つのことをポイントとした。

1. 収益をあげている 2 つのサイトのコンテンツを増やして、収益率を上げる。
2. ほかにも、専門的なサイトを構築し、アドセンスと Amazon で稼ぐ

そういう観点で言うと、本日も好日なりのような何でもありのブログで稼ぐのは難しい。というか、このブログにはまったく期待していない(とか言いながら、多少は期待していろいろ細工しているが・・・)。

テーマを絞ったサイトばかりやっていると、何でもありの、気が向くままに書きなぐれるブログも持ちたくなる。それがこのブログの役割です。

そもそも、おいらがアフィリエイトを始めるきっかけになったことについては、また今度書く。

「アフィリエイト活動再開 1」から読む

<< アフィリエイト活動再開 2 へ | アフィリエイト活動再開 4 へ >>


アフィリエイト活動再開 2

(「アフィリエイト活動再開 1」の続き)

当時やったことは、まず電脳卸にアフィリエイト登録し、報酬率のよい売れ筋商品を選んで、その商品に関する記事を書いたブログを作った。いろいろな分野の商品を選んで、5 〜 6 のサイト(ブログ)を立ち上げた。

そのほかに、ちゃんとした記事を継続的に更新できるサイトとして映画関係のブログも始めた。もともと映画は好きだったし、これは結構楽しんで 2 か月くらいはせっせと更新に励んだ。

この間、売れ筋商品を売るために作ったサイトの高報酬商品が 2 〜 3 個くらい売れないかなと期待して過ごしていたが、1 個も売れななかった。当たり前だ。そんなに簡単に売れるわけがない。

最後に、だめ元で、古くからやっている仕事関係のサイト(以下、「仕事関連のサイト」という)に Google アドセンスを貼り付け、そのサイトで紹介していた本をアマゾンにリンクさせた。サイトの内容そのものはほとんどいじっていない。アクセス数も少ない(せいぜい 1 日 30 アクセスくらい)弱小サイトだったので、ほとんど期待していなかった。

そんなこんなしている間に、Gooda のアフィリエイト熱も若干冷め、以前と同様に本業に励む日々が始まった。

それ以降、サイトの更新は、仕事関連のサイトを 2 〜 3 カ月に 1 回くらい、映画関係のブログを半年に 1 回くらい更新する程度で、アフィリエイターとしては休眠状態になっていた。

ところが、最近久しぶりに Amazon と Google アドセンスをチェックしてみたところ、意外にも収益が上がっているではないか。収益をあげていたのは、古くからやっていたアクセスの少ない仕事関連の弱小サイトだった。1 日のアクセスが 30 程度だというのに、書籍は毎月平均 5 冊ほど売れ、アドセンスもコンスタントにクリックされて、ちょっとした金額になっている。

「アフィリエイトなんてそんなに簡単に儲からないさ」と思っていた おいらはうなってしまった。

この続きはまた今度書きます。

<< アフィリエイト活動再開 1 へ | アフィリエイト活動再開 3 へ >>


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。